アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
感動!感激!うけるプレゼン・講師の話し方
ブログ紹介
S&Tコンサルティング代表
パブリック・スピーキングトレーナー
難波 法広

ブログ内では、自分で設定したキャラ「もぐなが」として登場しています。
キャラになりきって登場してるんでね、実際に起こったあんなこと、こんなことをへっちゃらで暴露しちゃってます。
どうぞ、笑ってやってください。


ブログの内容は、タイトル通りスピーチやプレゼンのノウハウをお伝えしています。
参考にしてくださいね。
zoom RSS

ダウンタウン松本人志“黒塗り”問題に「浜田が悪い。干しましょう」

2018/01/14 18:01
年末恒例の特番

「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! 
大晦日年越しSP 

絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時!」

のなかで、

映画「ビバリーヒルズ・コップ」の米俳優エディ・マーフィに扮するため、
顔全体を黒く塗って登場した浜ちゃんに対して、
世界的にブーイングが起こっているよね。




画像



はぁ〜?なんでそんな思いになるの?って気持ちが、
イラッて気持ちに変わってきた。



相方の松本さんは
“黒塗り”問題に「面倒くさいので、”浜田が悪い”でいい。アイツを干しましょう」って
冗談半分でコメント。



日本在住の外国人の反応にあきれ返ったんでしょう。




文句を言っている輩は、

人種差別だ!って声高に言ってる。



いやいや、それってあなたの心や、頭の中、思いの中に
黒人を侮蔑する気持ちがあるからでしょ。
って思う。



そんな気持ちが微塵もなければ、
顔を黒塗りしてたって、
黒人に扮しているんだな。としか思わない。


逆に、
黒塗りすることを人種差別をした悪い人間って言われてしまうと、
いままで、そんなことを微塵も考えたことのない人達は、

顔を黒く塗る行為は、
黒人を侮蔑する行為と記憶に留めてしまう。



怖いのは、
人種差別の思いがない、まっさらな心の持ち主の子供たちにも
黒人は差別される側の人間だ。って学んでしまうってこと。





現に、少なくとももぐながは、
世界的には黒人の方って未だにそうみられているんだ。

って、改めて感じたからね。


悲しいよね。


正義の顔をした奴らに、差別を植え付けられた。って感じ。



もぐながには、黒人の友達がいる。
日本では、きっと差別をあまり感じずに過ごしてきたことと思う。


彼に会うのが、ちょっと気が引ける。

人種差別があるってことを否が応にも感じて、
彼に合わないといけないからだ。

付き合いが変わる訳じゃない。
彼もそうしてくれると思う。

でも、きっと、口に出しはしないが、
お互いが心の中のほんのわずかな隙間に
「差別」って言葉を感じながら過ごさなくてはならない
瞬間があると思う。


なんか、すっごい悔しい。




こんなことで騒いで欲しくなかった。


白も黒も黄色も同じ。
だれもが大切な人達って心から思っているなら、
騒ぐことなんて無かったハズだ。



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


あがり症を治す唯一の方法

2017/12/14 15:54
人前でお話をするとなった時、
ほとんどの人が、ある壁を感じる。

緊張とか、あがり。

初めてのテーマで話をする。とか、
初めての人達を前に話をする場面では
緊張やあがりを感じるのは全員といってもいいんじゃないかな。


あとは、それぞれ個人の程度の問題だけ。

誰でも少なからず緊張する。
過度の緊張があがりで、
症状として表れるのがあがり症
ってことなのね。


症状として表れる人が、症状が出ないようになったら
あがり症の改善ね。

症状として表れた人が、緊張で済むようになったら
あがり症の克服ね。

症状を克服したってこと。


緊張感はどんなことしたってなくならないからね。
意思ではコントロールが出来ない
防衛本能の反応なんだからさ。

心臓を意思の力で止めることが出来ないのと同じ理屈ね。




画像




さぁ、ここね。

あがり症の人は改善したいだろうし、
出来れば克服したいと思うよね。




実はね
だれでも、克服するって意志さえ持っていれば絶対出来る。

何にも難しいことはない。

トレーニングをすればいいだけ。



てか、逆だね。

トレーニングしなかったら絶対ムリ。

あがり症を治すのに本を読んだり、動画を見たりしたって
絶対に治らない。


とある動画で、
あがるってのは頭に血が上り平常心を失くすからなんで、
冷たいタオルを首に巻くと落ち着きます。って。


ハハハハハッ

ムリだから。  


マジで言ってるとこが凄い。笑


そのうち、
手が震えるなら手を温めなさい。
とかって言いかねないな。 笑



あがり症はトレーニングをすれば治ります。
トレーニングをしなければ治りません。


一度、体感してしまえば、コツを掴めるのね。

あとは、
トレーニングを続けて強固なものにすればいいだけ。


トレーニングを続けられなかったナマケ者さんでも、
一度体感した経験がある人なら、
トレーニングを再開して、感覚を取り戻せば
あがり症→あがり→緊張にダウンできる。


でも、またトレーニングをやめてしまったら
いつまでたってもスピーチは上手くならないよ。


突き抜ける感覚が手に入るまで
ひたすらトレーニングね。


トレーニング方法も至って簡単。


それはね・・・・・・・。









と、その前に



あがり症克服のマインドセット





あがり症を克服するにはトレーニングが絶対必要なのね。

トレーニングなしでは絶対に克服できない。

これは断言するね。


なので、ネットで情報を得るとか、本を読むとか。
DVDを見るとか。セミナーに行って話だけ聞くとか。

情報を得るだけでは ぜ〜たいッ! 治らない。


それから、
スピリチュアル系や、癒しの空間に誘います系みたいな
瞑想すればいいよ。ってやつ。

ぜーつたい治らない。


そんな都合のいい魔法なんてないからね。

ネット上では都合のいい魔法を売りつけようとしている輩が、
虎視眈々と罠を仕掛けているからね。

引っかからないように自分の身は自分で守るんだよ。





さて、さて、トレーニング方法だけど、
トレーニングをする前に大切なことがある。


あがり症を治すにあたっての「心構え」「心の在り方」ね。
これが出来てないと、いくらトレーニングを積んでも
思ったほどの効果は得られない。


そこで、「心構え」からお話をすることにするね。




人間の本能として
ひとは誰でも自分がかわいいじゃん。

できれば、
他人からのいい評価を欲しいと思うちゃう訳ですよ。
他人から認めてもらいたいって切望するんだわ。


これって誰もが持っている強い欲求なんだよね。



この強い欲求があるんで、逆説的にみると
他人からの悪い評価に恐怖を抱いているってことなる。




これって、テキトーに言ってるんじゃないからね。

世界的権威の心理学者のマズローが唱えている説
マズローの欲求五段階説の中の承認の欲求ね。

小難しいことは割愛するから興味あれば調べてみて。


で、承認の欲求には2つのレベルがあって、
最初のレベルが他者からの評価を得たいレベル。

このレベルがさらに上がると、
他者の評価より自分自身の評価を得たいレベルに上がる。


ここが大事なんだ。


あがり症を克服したいのであれば、
上位のレベルに気持ちを持っていくこと。

他人から認めてもらいたいって気持ちを超越するんだ。


なんのことはない。


自分がスピーチをする時や、意見を述べる時に、
そのスピーチの内容や、見解について
他人からどう思われたっていい。

自分自身が信じることを自分自身に恥じることなく、
話す事こそが最も大切なことなんだ。
たとえその意見が間違っていたとしても。


このような確固たる想いをつくればいい。


この気持ちをもって、
トレーニングに望めばあがり症の克服はできちゃう。


これ、ホント。


この気持ちになってもらうために、
実際の僕のトレーニングでは、受講者の状況に合わせ
ヒアリングをしたり、マインドセットしたり
講義をしたりしている。


しっかり、マインドが作れてしまえば
あがりの症状はどんどん出なくなる。

だから、
この時点であがりの改善がリーチってとこまでくる。


あとはトレーニングをするだけで加速度的に
しゃべれるようになってくる。

そして、
あがり症は知らないうちに影を潜めてくる。



ウソだと思うかい?






ウソかも?って

思った時点で
あなたはあがり症の克服ができなくなる。

僕を信じ切らなければあがり症は治らない。



信じ切ることができた受講生は
全員あがり症を克服している。


3週間前までは(11/26初回トレーニング)
あがり症で悩んだいた生徒さんは
来年2月にはセミナー開くってとこまで来てる。




2週間前までは(12/6初回トレーニング)
あがり症で引込み思案だったのに、
積極的に意見を言えるようになり、
次回の部課長会議では、
司会進行を任されることになったってとこまで来てる。




だから、騙されたと思って信じてみ。





では、いよいよ
トレーニングの方法だけど・・・・・。


あがり症克服
ひとりでも出来るトレーニング



最も簡単なのは、
入浴している時など
心も体も頭もリラックスしている時。

脱力している感じの時ね。
この時に声を出してスピーチしてみるんだ。


心の中でつぶやくんじゃないよ。

大きな声じゃなくてもいいけど、
必ず声を出してスピーチする。


スピーチっていうと堅苦しく感じてしまいそうだね。


もっと、安易でいいんだ。


しゃべってみる。くらいの感覚。


もっと言えば、

誰かと一緒にお風呂に入っていると仮定して、

一緒にお風呂に入っている架空の誰かに
おしゃべりをする体で、話してみるんだ。


そうね、温泉でも入って友達に持論を展開するとか、
思い出話を語るとか。

そんな感じでいいんだ。


これが出来るようになれば、
あがり症の克服はもう間近まで来ている。






えっ?そんだけ?





って思ったかい?


これが案外難しいんだよ。

やればわかるよ。



やり始めて直ぐに、声を出さなくなる。

話すことに集中できなくなってくる。

次に、途中で話すのをやめてしまう。

なんか、あきてきちゃう。


で、結局、続かない。

やらなくなる。



やろうとは思ったかもしれないけど、
やらない。

いつかは変えなきゃって思っているんだろうけど、
そのいつかは、いまじゃなく、
後ででもいいやって思っちゃうんだよね。

で、結局
あがり症が治らない。



あなたは、そんな風にならないでね。



もったいないよ。

あなたの時間は有限なんだ。




人前で堂々としゃべれるって、
結構凄いことなんだよ。


もし、あなたがあがり症で少しでも悩みを持っているなら
その意味がわかると思う


いままで逃げていた場面、
いままで人任せにしていた場面で

自分が主役に躍り出られるんだ。


180度の変換だよね。


この変換は、
さまざまなチャンスをあなたに与えてくれる。

あなたの成長が加速する。


どうせ、いつかはチャンスを手にしたいって考えているなら
早いほうがいいに決まってる。


あなたの危機を救い、
チャンスを届けてくれる可能性が増えるからだ。


その為の第一歩は今回のトレーニング方法なんだよ。

入浴中なんだから、いいとこ1回15分程度のトレーニングでしょ。
10日間だけ連続で黙ってやってみ。

たった150分でも変われる人だっている。





それでも重い腰があがらない

そんな人が居るのも事実だ。

実際、受講生の中にも課題やトレーニングを
やり込まない人もいる。


そんな人でも、
行動を起こすようになる方法ってのもある。




言い聞かせのマジック



重い腰があがらない人でも行動する方法ね。

簡単なものからヘビーなものまである。


今日はその中でも一番ライトなところをお話しするね。


ひとつ注意点ね。


今日お伝えする内容、
これすらもやらないんだったら
あがり症で苦しんでないよ。
本気で治そうと思っていない。

ただ逃げているだけ。
面倒臭がっているだけ。
その場さえしのげればいいやって思っているだけ。


あなたがあがり症に困っているのなら
本気で治そうと思っているなら

治すために時間を取られたり、行動してみたり、
作業してみたり、取り組んでみたり、
お金をかけてみたりすることは必要なことなんだ。

なんのリスクも背負わないのに
美味しいとこだけ手に入れたい。ってムリだから。

あがり症を治そうと思っている気持ちと
何らかのリスクを覚悟する気持ちを天秤にかけて、
リスクの方が重かったら、
あなたのあがり症の悩みなんて
その程度ってこと。




そこんとこ踏まえてライトな方法ね


ハッキリ言ってチョー簡単。

2つ前のメルマガで
もの凄く大切なことを言ったんだ。


もう一度言うよ。


自分がスピーチをする時や、意見を述べる時に、
そのスピーチの内容や、見解について
他人からどう思われたっていい。

自分自身が信じることを自分自身に恥じることなく、
話す事こそが最も大切なことなんだ。
たとえその意見が間違っていたとしても。


このような確固たる想いをつくればいいだけ。


この気持ちをもって、
トレーニングに望めばあがり症の克服はできちゃう。


〜ここまで〜


トレーニングを始める前にこの気持ちを作り込むんだ。


やり方は、
言い聞かせのマジックを使うんだ。

自分の心と向き合って、

「俺(私)ならできる」
「絶対克服して、バカにしたやつらを見返してやる」
「ヒーローになってやる」

セリフは自分の感情が動くように自分でたくさん作ってみて、
言い聞かせるように繰り返し唱えるんだよ。


で、感情が動いて気持ちを作れたら、
お風呂に入ってトレーニングね。



いい。
この気持ちを作り込むことがとっても大切なんだ。

受講生とは、この気持ちを作り上げるために
頻繁にメールのやり取りをしている。

それだけ重要なんだ。


受講生の中には毎日メールをしてくれる人もいる。
その日に自分が取り組んだことと、
その成果、結果を報告してくれる。

僕はその成果、結果に評価とフォローと次の課題を提示する。

そして、また受講生は取り組む。


受講生は自分の成長を自分自身の心の変化と、
僕からの客観的な評価で、
より、気持ちを作り上げていく。

この繰り返しなんだ。


これが自信をどんどん深めていく。



だから、
メールのやり取りが多い受講生ほど
気持ちが作れてくるから成長速度が速い。

あっという間にあがり症を克服する。

あがり症を克服するどころか、
かなりうまいスピーチを披露する。

下手なセミナー講師よりもうまい。
動画を見せたいくらい。


いい。
そのとっかかりが
気持ちを作ってトレーニングすることなんだ。

言い聞かせのマジックを使ってその気になれば、
重い腰もあがるようになる。


成果を感じられると面白くなるから
もっと取り組む。


簡単でしょ。
気持ちを作ってやってみ。

やればわかるよ。




人前で話す方がらくだ!って思える



ひとりでも出来るあがり症克服として引き続きね。


さて、
やる気があれば、
誰でも取り組めるエクササイズを公開してきました。


もし、
今日まであなたがエクササイズを真面目に真剣に取り組んできたら、
随分と話が出来るようになっているハズ。

なぜかって

たった一人で誰もいないところで、
ひとりしゃべりをするって、結構むずかしいんだ。


お風呂に入りながらやる訳でしょ。
言わば、個室だよね。
個室でひとりでしゃべるんだから、あがる訳もない。


なのに、ひとりしゃべりって別の意味で難しい。

しゃべってても、何一つ反応がないんだからね。
集中力が欠けてきちゃう。

だから、ひとりしゃべりが出来るようになるだけで
しゃべる能力はメチャ上がってる。


誰かに聞いてもらって反応してもらえる方が楽って
思えてくるもんなんだ。


で、
そう思えてきたら、
お風呂場で練習してきたお話を、
今度は身近な人、そうね、親、兄弟、息子、友人など、
気心の知れた人にしゃべってみるといい。


どんなに人前で話すのが楽になるのか実感できるよ。


これを、僕のあがり症克服トレーニングではやっているだ。

トレーニングで行った講義内容を腹落ちさせるために、
習った内容を誰かに伝える体で、
ひとりスピーチをしてみてくださいって課題を与える。

ひとりしゃべりで講義内容の復習をさせるってことね。

で、次のトレーニングで僕に向って話してもらう。

課題を真剣に取り組んでいる人と、そうでない人。
課題をまったくやっていない人


直ぐにわかるね。


課題に取り組んだ人は、
僕に話し終わった後ビックリするもん。

じぶんのしゃべりの能力に気づくんだろう。

僕のことを、
神を見るのような眼差しで見つめて、
喜んでくれるもん。

信じられないって。

トレーニングのやり方を知って、真面目に取り組めば
あっという間に変化を実感できるんだ。


で、同じことを腹落ちするまで繰り返す。

繰り返しは必要ね。

人前で話すのが怖くないって思えるまではね。

いや、むしろ
人前で話す方が楽なんだって思えるまで。

で、並行しながら取り組んで欲しい課題がある。


この課題も至って簡単。


出来るか、出来ないかじゃなくて
やるか、やらないかだけ。




結果を出すために必要な2つのこと




ちょっとその前に、
とっても大切なことを伝えとくね。





ここまで
【簡単にひとりで取り組めるあがり症克服法】
を伝えてきたけどどうかな?


しっかりと取り組んでいれば、
どんな人でも、あがり症の克服まではいかなくても、
改善の実感は得られているハズだ。




それでも、もし、実感がわいてないとしたら
原因は2つだけある。


たった2つだけ。


たった2つだけを解決すれば、
改善はおろか、克服を実感できる。


じゃ、その2つって何?ってことなんだけど、





1つは、読んだだけで終わっちゃってるってこと。

頭で理解して、おなか一杯になっちゃって
行動していない。




2つめが、僕を信じ切っていない。

僕を信じ切っていないから、行動が伴わないんだよね。


行動した結果、あがり症が克服できなかったら、
努力しただけ無駄になっちゃう。

なんて考えてるハズだ。



これって頭のいい大人がハマる最悪パターンね。


見事にそんな言い訳考えたなって思えるほど
自分を正当化する言い訳を作って動かないんだ。







あのね、


やってみなきゃ始まらんのよ。
信じてみなきゃ身につかんのよ。




逆にメチャメチャ効果が表れる人達っている。

体育会系の部活をやっている人が一番伸びる。

監督やコーチからやれって言われれば、
朝までバットを振り続ける
マジで甲子園を目指してる高校球児なんか最たる例



ジャイアンツの名投手だった桑田真澄さん。
彼は素直な心と、信じる心を併せ持つタイプだったらしい。

桑田さん曰く
「僕は監督さんからグランドを100周走れって言われたら、
なんの苦も感じず100周走れます」って。

とことん監督の言うことを頑なに信じるんだって。

100周走れば上手くなる。
今足りないのは強靭な足腰なんだ。
監督が言ってるんだから間違いないってね。


ホントに淡々と走り続けたそうだ。


これって彼がPL学園にいた当時の話ね。

ピッチャーとしての稀な才能もあったけど、
才能を開花させたっのて、ひたむきに信じる心だったりする。




だから、僕が直接指導するトレーニングは、
直ぐに効果を実感できる。


だって、
目の前に僕がいるんだもん。

やるしかないでしょ (笑)
信じるしかないでしょ(笑)


だから、あっという間に
受講者は信じられない自分を目の当たりにする。

信じて行動した結果、すげぇ自分を発見出来るってこと。


極度のあがり症と思っている人ほど
目を丸くして驚いてくれる。



僕は心の中でほくそ笑む。(´艸`*)





マジなんだって。


だから、やってみ。
信じてみ。







成功者の歩んだ道を歩もう




学ぶは真似ぶって言葉を聞いたことってありますか?

学びは真似るところから始まるんだよ。
ってな教えですね。

今流で言うと、TTPってやつね。

TTP(徹底的にパクれ)


成功者の道をなぞりなさい。ってことだったり。

お手本を持ちなさい。ってことだったり。

師匠の技を盗みなさい。ってことだったりする。





この考えって、とっても大切なんだよね。


あがり症克服の自己トレーニングにおいても、
見本を持つことって克服の近道だったりする訳。


そこで、前々回のメルマガで発信した、
やるか、やらないかだけのトレーニング法ってのが
見本を持ちなさいってことなんだ。



簡単でしょ。

見本を持つだけなんだから。



今では、ユーチューブ上にたくさんのスピーチ動画を
見ることができる。


人前で話すのが上手い人をお手本とすべく
スピーチ動画を見ればいいんだ。


僕が受講者さんに見るように薦めているのは、
政治家の田中角栄さん、田中真紀子さん、
橋下徹さん、東国原英夫さん、小泉進次郎さんなどね。

所信表明演説とかじゃなくて、
街頭演説や、応援演説ね。

スピーチの目的が、
有権者の心を鷲掴みにして、
得票に変えるスピーチなんで
聞き手の心に入り込むスピーチ手法を使っている。


人の心をつかむネタだったり、フレーズだったり、
間合いだったり、すげぇ学べる。


たま〜に選挙特番などで池上彰さんが、小泉進次郎さんの
スピーチ手法を解説してるよね。


テレビ番組上で池上彰さんが小泉進次郎さんの
スピーチを解説したように、
僕は受講生にスピーチの解説をしながら学んでもらう。



特に話のゴール地点、着地点とでもいうのかな。

ここの話の構成がうまくできると、
途端に話しが締まるんだ。

スピーチがカッコよくなる。



これが自信に繋がるんだよね。



話しの構成を見本と解説で学ぶと、
あがり症の人によくありがちな
途中で何を話しているのかわからなくなる。なんて
思いをしなくて済むんだ。



先ずは、スピーチの手本動画を見る事。

その時にいいなぁって感じた話の構成や、
感動のフレーズ、話の締め方などに注目して
動画を繰り返し見るといい。

いいところは真似る。パクる。

TTPだよ。







こうしてドツボにハマる人達




ここまであがり症克服自己トレーニング法を
公開してきた。


そんなに難しいことをやれって言ってる訳じゃない。

誰にでも出来て、一人でだって出来る方法を公開してきた。

それも、普通にネット検索したんでは、
なかなか知ることのできない手法を公開してきた。




ネットの情報って、ネットで使いまわされるんだよね。

あるひとつのマニュアル的な情報を基に、
少し文章を変えていろんな人がネット掲載する。

情報発信した本人でさえ、やってもないことを、
さも、これで解決しました〜♪(^^)vってノリでね。

で、教材とかをアフェリエイトしてるんだよね。


ネットで使いまわされている方法じゃ、
労多くして功少なし。って言葉のまんまになりやすい。

気をつけるといいよ。



それから、楽してあがり症を克服出来たらいいなって
思っている人は、
スピリチュアル系にハマる人もいるよね。

暗示にかかりやすい人は短期的な効果はあるみたい。

ただ、薬と同じで依存体質になる可能性があるんだって。

少しの間は自分に自信を持てるみたいなんだけど、
いつしか元に戻っちゃうんだって。

で、また、再度受診ていうのか、
入塾っていうのか、通院するっていうのか
繰り返すみたい。


だから、
むしろ効果を感じられない方が
ドツボにハマらなくて済むみたい。


これ、受講生から聞いた話ね。



依存体質になりたくなかったら、
あがり症克服のトレーニング方法を身につけちゃうのが
一番手っ取り早いんだよね。

トレーニングのやり方、進め方、知識を知ってしまえば、
あとはそれを自主トレするだけ。

受講生の諸君は学んだことを、
繰り返しセルフトレーニングするんだよ。
動画だって見れるようにしてあるんだからね。


セルフトレーニングで充分な効果がある。ってか
スピーチがどんどんうまくなってるハズ。



そのトレーニング方法の一部を公開してきたって訳。


もっと、もっと秘訣とか知りたい?
教えるのなんて全然かまわないと思ってる。

もっとも、実際にトレーニングを一緒にやるのと
メルマガの文章だけで教えるのでは、
情報の量、質ともに劣化してしまうけどね。


ただね、
これまで公開してきたトレーニングを
やってるならいいんだけど、
やってなかったとしたら、
まったくもって無意味なのね。

何度も言うけど知識を蓄えただけじゃ、
せっかくの知識も最後に0をかけ算するのと一緒。


ともかく動くこと。

自分で自分を鼓舞激励!











記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


プレゼンで採用を勝ち取る決定打

2017/12/04 15:43
プレゼンやスピーチ、あがり症克服など
企業研修や個人レッスンをお受けしているんですけど、
特にプレゼンで間違っているというのか、
勘違いをしている方々が多いので
今日はそんなとこをお伝えしますね。



画像




これまでレッスンをしていて感じているのが
プレゼンを商品説明と思っている人が圧倒的に多いのね。

この感覚がまずい。


プレゼンを商品説明って感覚で話の構成をすると
聞き手は脳で理解しようとしてしまうんだよね。

これじゃ、なかなか採用されない。

なぜなら、
人は感情で物事を決めることが
圧倒的に多いんだ。


だから、
プレゼンはエンタテイメントショーって感覚を
常に持っていないといけない。


商品説明はプレゼンの中の一部として
考えるようにするんだ。


エンターテインメントショーなんだから
商品説明より先に大切なのは
興味付けなんだよね。


ここでいう興味付けとは、
面白可笑しく楽しく。ってこと。



真面目に生一本にやると、
印象は悪くないけど、感情が動かないのね。

聞き手も真面目な姿勢で聞いてしまう。


これ、ふつーなわけ。


ふつーから、すげぇに変えるには、
エンタメ要素を入れるだけ。

聞き手を笑わせたり、聞き手から笑われたり。
楽しさをぶち込むんだよ。


聞き手は楽しいって感じた瞬間に
心を開いてくれるんだ。

心をゆるすって想いね。


すると、ひいき目が生まれる。


これが






決定打になるんだよね。

たったこれだけ。


コンペなどで天秤にかけられて
同等と思われたのなら、
間違いなくひいき目の勝ち。

楽しませたもん勝ちってこと。



あと一歩のところで受注を逃していたら、
逃した受注のすべてが注文になる。


もの凄いことにならないかい。







記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


日馬富士の殴打事件 「事実」と「真実」

2017/11/30 16:59
世間を騒がしている日馬富士の殴打事件

日馬富士の引退で、
事件は終息に向いつつあると思うんですけど
とっても残念でならないと思っているんですよね。


暴力=絶対的な「悪」とする風潮がある。
ここが、問題と思う訳です。


「事実」と「真実」を見極める目を持たなければ
いけないって、僕は思う訳なんです。



画像




たしかに、事実としては
日馬富士が貴ノ岩を殴り、けがを負わせた。

これは紛れもない事実です。

事実だけに目を向けたら、
暴力を振るった日馬富士がとことん悪い。
ここは分かる。



でもね、そこに至った経緯があると思うんですよ。

日馬富士が常日頃、だれ彼かまわず暴力をふるい、
素行不良な力士なら、理解できるんですけど。

今回の場合は、日馬富士に手を挙げさせた貴ノ岩にも
問題があるんじゃないかと。

殴らずにはいられない理由が存在していたんではないのかと。

その背景に「真実」が隠されていると思う訳ですよ。


「真実」を知ったうえで「事実」に目を向けなくては
間違った解決策に至ってしまうって思うんですよね。

まさしく今回の殴打事件は
暴力=問答無用な悪

こんな図式がなりたっているかの報道が大勢を占めている。

それって絶対に間違いのない解決策なの?

もっと、事に至った背景を知るべきなんじゃないかと。








この殴打事件が報道されて、
十数年前にあった高校生による傘の傷害事件を思い出した。


テレビなどでは事実だけを報道していたんです。

高校生A君が同級生B君の顔を傘の先端で刺し、
先端は眼球から入り、脳まで達する傷害事件が起きました。って


この事実だけを聞けば、A君はとんでもない犯罪者だよね。
極悪非道者A君だよ。


でも、真実はちょっと違うんだ。


A君はBから数カ月にわたり、恐喝され、脅され、
更には暴力とまでは言えない程度の嫌がらせ、
例えば、
頭を小突く、モモカンを入れる、蹴られる、平手で顔を叩く。

このような行為を毎日毎日、一日数回にわたり
繰り返しされてきてたんだ。

A君にしてみれば、
毎日がどれほどつらい思いをして登校していたのだろう。
心配を掛けさせたくないと、親にも相談できなかった。

友達も見て見ぬフリ。
自分がターゲットにされては困るからだろう。

A君にしてみれば
生きているのもつらかったんじゃないかな。




そして、事件の当日。

A君はBから嫌がらせをされ、
A君はたまたま持っていたビニール傘で
Bの嫌がらせを振り払おうとしたところに
勢いあまって突進してきたBの顔に傘の先端が突き刺さってしまった。

偶然だったようだ。


しかし、A君がB君を傘で刺した。
この事実しか報道されない。


A君は数カ月に及ぶ恐怖と絶望の学校生活を続けた上に、
傘で同級生を刺したとして犯罪者扱いにされた。



いじめられ続けた上に犯罪者扱いをされた
A君の心情は如何なものだったのだろう。

A君だけが悪者扱いされていいのだろうか?


ここまでの「真実」のいきさつは、
積極的に事件を調べたものだけにしか伝わっていない。




事実だけに囚われるのではなく
真実を知ったうえで判断する目を持ちたい。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


初心者でもアイコンタクトが取れるようになるよ

2017/11/20 16:23
アイコンタクトに慣れてないのに
いきなりアイコンタクトをとろうとすると、
緊張してしまうよね。

それも、講師の立場やスピーチをする場面などで
大勢の人達を前にすればなおさらのこと。




画像







そこで、
慣れないうちは会場の一番後ろの壁を見るようにすればいいんだ。

最後列の聴講者の頭上のラインの後ろの壁ね。

このラインに沿って、右、左、左、右とゆっくり視線を動かす。

これで、聞き手側から見ると、
会場全体に話しかけている様に見える。

顔を聴き手に向けて堂々と話しているように見えるんだ。


あなたは、聴き手の鋭い視線と目を合わせなくて済む。
これだけでも、多少はプレッシャーから解放される。
ちょっと心が落ち着くっていうのかな。

この手法を使って場の雰囲気に慣れよう。

この手法で2〜3分も話すと、あなたの話しに頷く人や
好意的な視線を投げかけてくれる人が現れるのね。

現れるというより、視線の先に止まるって感じ。

すかさずその人に視線を投げかけるようにするんだ。

ポイントは最初の話しは聴いてる方が頷ける話しを
するのがいいよ。

例えばいまなら、
11月の半ばだってのに年末年始の頃の寒さなんですって。
今年は冬が来るのがはやいなぁって感じている人も多いんじゃないですかね?

因みに去年の11月25日に、実は東京では雪が降って積もったんですよ。
覚えてます?

ってことは、ここ数年こんな感じなのかもしれないですね。

なんて、切り口で話し始めたりすると、
うなずく人が視線の先にとまるよ。


こんな話をしてアイコンタクトに慣れるようにしていくと
上手にアイコンタクトが取れるようになるのね。




実は、面白いもので、
聴き手って3つのタイプに分かれるのね。


肯定的に受け止める方。頷きながら聴いてくれる方。

無反応、無表情で聴く方。真剣な眼差しで聴く方。

否定的な態度で聴く方。視線をまるっきり合わせない方。


大きく分けるとこんな感じでしょうか。

どれが良くて、どれが悪いって言うんじゃないんです。
聞き方の姿勢、
聞き手の印象って言うんでしょうかね。

否定的な態度に見えていた方からでも、
「いやぁ〜、目からうろこでしたよ」 とか
「なるほどな」と気付かされました。

なんて、感想をもらうこともたくさんあるんだよね。

でも、
話す側としてはエンジンがかかるまで、
自分が乗って話しが出来るまでは、
頷いてくれる方、好意的な視線を送ってくれる方を
中心にアイコンタクトを取るようにするんだ。

気持ちを楽にしてしゃべれるからね。

逆にいえば、好意的な視線を投げかけてくれる方や
頷いてくれる方とアイコンタクトを取る事で、
自分のリズム、テンポで話しがしやすくなるってこと。

話しがしやすくなってからその他の方々に向けて
アイコンタクトを取るようにすると、
自然とアイコンタクトが上手に出来るようになりますよ。




ワンセンテンスワンパーソン。

目を合わせながら、
ひとりの人と、ひとつの話を会話するつもりで
話しが出来るようにする。

ここをアイコンタクトの目標と設定してみよう。

あなたの話の説得力は2倍、3倍にも跳ね上がるからね。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


アイコンタクトが上手くなる秘訣

2017/11/20 16:18
アイコンタクトとは、
人の目を見て話すこと。

ですよね。


しかし、
人の目を見て話すことって意外に難しいし、
なんだかとっても勇気が要ります。



画像




コミュニケーションがとれている人とであれば
そんなに難しくはないですよね。

例えば、
家族であるとか、仲の良い友達、
冗談を言い合える先輩後輩。

しかし、
これが信頼関係もなく、
コミュニケーションもとれてない人と話すとなると、
途端に難しくなります。

例えば、
初めてお会いする人であったり、
自分より明らかに威厳がありそうな人や、
偉そうな人、
厳しそうな人など。

ちょっと、目を合わせるのに
プレッシャーがかかるでしょ。


これは、仕方がないことなんだよね。
人間だもん警戒心は働くし、
相手によっては照れくささも加わる。

とは言え、
アイコンタクトを取らなければ
コミュニケーションはとれ難くなるし、
信頼関係も築き難くなる。

んじゃ、どうするかって。


アイコンタクトをスムースにとるにあたって、
最も大切なのは心の在り方なのね。

相手から「関心を持ってもらおう」って思うことが大切なんだよ。

私は、あなたに対して敵対心は持ってませんよ、
むしろ、私を知ってほしいんです。

って、思うようにするのね。
自らをこんな精神状態に持っていくんだ。

そうするとね、

あ〜ら不思議♪


自分の尖がったところがみるみる消えていく。

これはきっと、誰でも経験があるんじゃないですかね。

合コンで女の子(異性)がいる飲み会などでは
自然にやってるでしょ。
目元、口元緩ませて、やさしさの臭いプンプンさせて。

いい人ぶった顔つきになってるよね。


それと同時に相手にも関心を持つようにする。
あなたの事も知りたいんです。てね。

この感情を持つだけで、
あなたの顔つきが優しく親しげになってくる。

そんなあなたのお顔を見れば、
相手からの警戒心や敵対心だって緩んでくるんだよね。

瞬く間に優しいお顔に。

すると、
アイコンタクトは取れやすくなる。

気持ちが大事なんだよね、気持ちが。






とは言え、
慣れないうちはそれでも大変。


慣れないうちはどうすればいいのか。

アイコンタクト初心者さんのための方法を
次回お伝えするね。



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


アイコンタクトはファン作り

2017/11/16 14:57
ボディランゲージの代表格「アイコンタクト」
前回もお伝えしたけど、アイコンタクトがとれているか、
いないかによって聴き手の理解度は雲泥の差がでるのね。

なぜか?ってね。


ひとは誰でも、自分が一番大切なわけですよ。

たくさんの人達のなかにあっても、
自分だけは他の人より大切にされたい。

なんて、誰もが望んでいるもんなんですね。

決して、口には出さないでしょうけど
胸の内はそんなことを望んでいるもんなんです。

あなたもきっとそうでしょ。




画像






セミナーなどでは、講師一人に対して聞き手はいっぱいですよね。
1対多の図式です。

それでも聴講者ひとりひとりにしてみれば、
自分対講師 1対1って思っているわけ。

講師はこのことを頭に入れる必要があるのね。

で、
逆にこのことをうまく利用するんですよ。


セミナーや研修であなたが講師の立場で話している最中に
聴き手にチラッとでも目を合わせたら、
その人はどう思うだろう?


「おっ、俺のことも気に掛けてくれてる?」
ウホッ♪



悪い気はしないでしょ。

「俺のことを気に掛けてくれるんなら、おれもしっかり耳を傾けなきゃ」

こんな気になるもんなんです。

ね。

あなたが女性講師だったら
さらにニコッと笑顔を作れたら最高ですよ。


別に男性講師でも効果あるけど・・・。

笑顔を無理に作らなくてもいいのね。

おしゃべりの結びの言葉の後に「イ」の口さえ作ればいいんだ。

「〜ですよね」って言った後にイの口を作る。

これで、ニコッとしてるように見える。

これで心を鷲掴みね。


アイコンタクトの一連の流れって
これの繰り返しなんですよ。

これが、全員に行き渡れば、
全員がその気になって聴いてくれるんだ。

実質上は1対多だけど、
1対1でお話しをする。
ひとりひとりに語りかけることを意識する。
ひとりひとりに目配りをする。

この意識を持つだけで、
講師に目を向けて耳を傾けてくれるようになる。

これが出来れば聴き手の理解力は、
比べ物にならないくらい上がる。

あなたのファンになってくれる。

それがセールスプレゼンだったら、
成約率が上がってくることになるんだ。


じゃ、
具体的にアイコンタクトってどうするの?
どうやればいいの?




気になります?

次回にお伝えしますね♪
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

感動!感激!うけるプレゼン・講師の話し方/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる